施術方法ごとに十分な実績があるクリニックならば安心して整形できます

人気の埋没法

医者

メスを使わず二重になれる

東北エリアの中心地となっている仙台市には、美容整形を受けられる美容外科クリニックの数が多い傾向にあります。美容整形には色々な施術法がありますが、仙台の美容外科クリニックで特に人気なのが「埋没法」という二重整形です。日本人の二重まぶたの割合は約3割程度と言われており、多くの人が一重まぶたや奥二重にコンプレックスを感じています。アイプチやアイテープなどを使いメイクで二重を作ることもできますが、やはりスッピン時でもパッチリとした二重まぶたをキープしたいという人が多いのではないでしょうか。一重まぶた・奥二重といったまぶたのコンプレックスを解消できるのが、仙台の美容外科クリニックでも受けられる埋没法です。医療用の糸でまぶたの皮膚や筋肉などを固定して、目を開けた時に二重のラインが出るようにする手術を行います。手術といってもメスを使わないプチ整形ですので、今まで美容整形を受けたことがないという初心者の人でも、チャレンジしやすいことから埋没法は人気です。

仙台の美容外科クリニックで美容整形を受ける上で、必ず把握しておかなければいけないのが「ダウンタイム」です。ダウンタイムとは美容整形後、腫れや痛み、内出血などが回復するまでにかかる期間のことで、この期間を考慮していつ施術を受けるかのタイミングを決めることになります。ダウンタイム期間は施術内容によって大きく異なるため、できるだけ早く会社や学校に復帰したいという場合は、ダウンタイム期間が短い美容整形を受けるというのもおすすめです。例えば、二重を作る美容整形の場合、メスを使わないプチ整形の埋没法であれば施術翌日から、会社や学校に行くのも不可能ではありません。プチ整形といってもまぶたに施術を行うので、埋没法でも強い腫れが約2日から3日ほど続きますが、メガネなどをかけるなどすれば施術翌日でも会社や学校に行くのは十分可能です。仙台市内には埋没法を得意とする美容外科クリニックもあり、このようなクリニックを選べばさらに術後の腫れなどが抑えられるので、ダウンタイム期間を短くすることができるでしょう。

Copyright© 2019 施術方法ごとに十分な実績があるクリニックならば安心して整形できます All Rights Reserved.